SEやプログラマー達の叫び、 およびプログラム関連のまとめサイトです。
SE・プログラマーな日々

スポンサーサイト

--年--月--日--時--分 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PGやらSEやる人間は壊れやすい?

2012年11月06日20時01分 開発現場の実態 | TB(0) | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
79 ちょっとなぐさめのつもり 2005/10/12(水) 23:43:49 ID:

PGやらSEやる人間はこわれ安いのか?
まわりにも3~4人は精神系の病院いったやついるが、なにをそんなに悩む?
仕事ができないからか?人間関係か?
まあ、聞いたところで俺が解決出来るわけじゃないいからしょうがないんだが。
たかがコンピュータプログラムごときで悩むなや、たぶん長い人生の中の些細な
出来事だよ。


続きを読む

Web系企業は虚業

2012年11月05日00時26分 システム業界 | TB(0) | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
1 風吹けば名無し 2012/10/30(火) 12:18:47.35 ID:FzCAbAV+

極端なハード主義もどうかと思うが
ちょっと今の状況はソフト過大評価


2 風吹けば名無し 2012/10/30(火) 12:19:49.08 ID:aZRrzR38

先進国やからしゃーない


続きを読む

プログラマーの新年会

2012年11月04日00時06分 開発現場の実態 | TB(0) | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
603 570 2005/09/02(金) 00:10:32 ID:

書いていて思い出した。今年の新年会は酷かった。
俺は元々酒はまるで飲めなくて、いつもの飲み会ならウーロン茶で良かった。
しかし、あの上司のチームに再編成されてからは、特に飲み会が酷かった。
いつの間にか俺のウーロン茶は中身がオンザロック+焼酎のチャンポンに
なっていて、それを手にした上司が
「俺は今までずっと試したいと思ってた事があるんだ。何だと思う?」
と言って意味ありげに俺の方を向いた。目つきが怪しかった。完全に悪酔い
していた。
「酒に目薬が入ると、悪酔いするってのを噂に聞いていたが、俺は未だに
見た事が無い。お前、見たことあるか?」
ねっとりとした蛇のような目だった。やや黄色に濁っているし。
「そ、そんなの、見たことありません。」
俺は作り笑いをして応えた。
「お前・・・、気に入らん目つきしてるなあ」
と言って、その目薬入りチャンポンを一気飲みさせられたのだ。
俺はビールコップ一杯で潰れてしまうのに、ジョッキ一杯分の目薬チャンポン
酒を飲まされた。
「俺の目薬はよぉ、花粉症対策の処方箋薬だ。だからその辺で売ってるのより
ずっと効くぞぉ。」



続きを読む

周りから見たシステム会社

2012年11月03日00時06分 開発現場の実態 | TB(0) | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
599 仕様書無しさん 2005/09/01(木) 22:14:25 ID:

転職板の不夜城チェックスレ見てたら、
徹夜で仕事して一晩中電気ついてるITオフィスは
ビル管理人や近隣住人から風俗業か宗教でもやってんのかと不審がられたらしい。

徹夜が当たり前のITは業界自体が病気だってことに早く気付くべき。


プログラマーのイケメンすぎるセンパイ

2012年11月02日00時05分 開発現場の実態 | TB(0) | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
596 570 2005/09/01(木) 21:48:40 ID:

こんなのもあった。まだ自分がウツである事に気付かず、
なぜか朝は起きられなくて、遅刻が目立ってきた。深夜残業どころか
定時まで席にいるだけでも命が尽きてしまいそうな状態だった。
「すみません。体調が悪いので帰らせてください」
と夕方6時頃に上司に申し出た。
「ああ?今日これから余った時間で明日までに何をやるべきか、優先順位を
打ち合わせるんだよ。逃げんじゃねーぞ」
と阻止された。
「お願いです。気分が悪いし吐き気もするし、原因不明の頭痛まで出てきて
るんです。なんか、最近夜も眠れなくて・・・」
「眠れないだぁ?仕事が足りないらしいな」
「違うんです」
そして俺は信じられない目にあわされた。
「俺様が元気つけてやるから、しっかり残業しろや。ほら」
デスマーチ用に事務所の冷蔵庫に貯蔵してあったリポDを14本持ってきて、
俺は全部飲まされた。吐き気を堪えていた胃が燃えそうになった。
それから打ち合わせで散々責められた挙句に、俺は机の上で嘔吐して気を
失った。
同僚の肩を借りて、俺はアパートの部屋に辿り着いた。吐しゃ物が鼻に詰ま
って苦しかった。汚れた俺に嫌な顔一つ見せずに肩を貸してくれた同僚Aに
は頭が上がらない。
「何言ってるんだよ。困った時はお互い様じゃないか。お前今は体を直す事
だけをを考えろ。プロジェクトの事は俺達に任せておけ」
俺はその夜、布団の中で一晩中泣いた。25歳にもなって、声を上げてすすり
泣いた。



続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。